フィギュアスケート女子、宮原知子選手について

平昌オリンピックのフィギュアスケート女子の

代表の一人である宮原知子選手は、太陽サインが

サビアン度数牡羊座6度です。

牡羊座ですが、この度数の牡羊座の理想は、

自由気ままな状態ではなく、特定の状況、

環境に縛られることで、その能力を発揮出来ます。

sponsored link

羽生結弦選手は、太陽サイン獅子座の特徴である

決まった演技を表現するという意味で、

フィギュアスケートととの相性の良さが、

窺えましたが、宮原知子選手は、牡羊座の

初期度数の抽象的な芸術性と、サビアン度数

牡羊座6度の特定の環境やルールに固定されることで

能力を発揮する性質がフィギュアスケートの演技

という型にはまることと相性が良いのです。

そして宮原知子選手の太陽サインは、冥王星と

トラインを作っていますから、非常に粘り強く

多少の困難には、負けませんし、冥王星という

ある意味運命的な意思に従って努力するので

脇目を振らずに頑張ることが出来ます。

弱点があるとすれば、理想と気持ちのバランスが

崩れてくると、外に向かって自分を開くことが

非常に辛くなってくることです。

このような部分もある宮原知子選手が

オリンピックという舞台で演技をすることは、

非常に大変なことです。

オリンピックの魔物に捕まらないことを祈ります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!