フィギュアスケート女子、坂本花織選手について

平昌オリンピックのフィギュアスケート女子の

代表の一人である坂本花織選手と宮原知子選手を

比べると、坂本花織選手の太陽サインや

土星サインのサビアン度数の弱さが気になります。

坂本花織選手の太陽サインは、サビアン度数牡羊座

16度を乗り越えて間もないサビアン度数

牡羊座19度で、牡羊座らしさを失った状態から

少しずつ回復しようとしている段階です。

sponsored link

大きなことに挑戦することを自分に課して、

精神的に盛り上がろうとしている

状態です。

この段階の牡羊座は、回復の手段として、

型の決まった行動を継続することで、段階的に

損なわれた牡羊座の精神状態から回復しようと

努めます。

坂本花織選手にとっては、そのような精神的な

事情でフィギュアスケートとの相性の良さが

窺えます。

そのような流れのサビアン度数天秤座19度

なので、少しでもより大きな舞台を望むのです。

そして本当にオリンピックの代表選手になりました。

sponsored link

自分を牡羊座らしく盛り上げるために、実力以上の

挑戦を繰り返し、成長と挫折を繰り返しながら、

伸びていく太陽サインですから、オリンピックの

タイミングがどちらなのか、坂本花織選手自身が

一番理解されているかも知れません。

その太陽と天王星がトラインですから人気は

出易いです。

一つの物事の結末を付ける力は、土星に表れますが

これは、サビアン度数魚座18度です。

演出力を期待出来る度数です。

外面的には、オリンピックでどれくらい観客を

魅了することが出来るのかということが

勝負になってきますが、坂本花織選手個人としては、

この土星も自分自身を盛り上げる意味合いに

なります。

坂本花織選手は、自分自身がどれくらい

盛り上がれるかが勝負で、その後に結果が

自然について来るタイプです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!