12サイン別、心の闇と恋愛の関係の双子座

sponsored link

12サイン別、心の闇と恋愛の関係

の双子座です。

心の闇とは、サインの持つ空白が

満たされていない時に、現れるある種の

過剰さです。

双子座までは、初期サイン特有の、自分の性質を

ひたすら真っ直ぐに伸ばすことに夢中になる姿勢が

闇を作り出すので、仕方がない部分があります。

牡牛座が五感を通して自分の資質を開発することで、

自分のエゴを育ててきたように、双子座は自分が

生き残るために能力を手にいれる必要があるのです。

何の能力も無ければ、個人として生きていけません。

双子座のこのような動機は、生育環境で

形成されます。

子供は、親に認められなければ、生き残れませんから

勉強や習い事で良い成績を求められた双子座も

いるでしょうし、本当に経済的に苦しくて

手に職を身に付けるというスタンスの双子座も

います。

もう一つ多いのが、男女問わず、第一子から

迫害を受けて育った、第二子という立場の人です。

このような環境を背景に、双子座に能力主義、

実力主義、引いては、弱肉強食のような考考え方を

育てます。

他人の善意を当てにせずに、自分の能力を伸ばして

自分の欲しい物や環境を手にいれるのです。

そして、手に入れても自分が頑張ったのだから

当然と考えます。

その延長で、ばれなければ問題ないという

秘密主義にもなります。

能力を育てることを中心に置くと、このような

心理的態度は致し方ありません。

どんな能力でも、甘いことを言っていたら

育ちません。

sponsored link

弱肉強食的な世界観は、調子が良い時は

問題ないですが、一度、歯車が狂うと、

自分を狭くしているので、なかなか抜け出せません。

双子座は、能力を伸ばすこと自体が目的なので、

心理的態度は目的を達成した後に、少しずつ

修正していくしかありません。

太陽サインが双子座の場合は、特に土星サインと

セットで考えると双子座の闇の具体的な救済が

分かり易いです。

例えば土星サインが牡牛座であれば、競争意識で

疲れた心を音楽や料理で癒す人が多いです。

ついでに言えば、容姿は双子座らしいシャープさが

なくなって、牡牛座特有の愛嬌がある雰囲気を

まといます。

心の空白にこのような闇を抱える双子座は、

女性の場合は、どうしてもパートナーと

衝突し易くなります。

弱みを見せることが嫌で、平静を装いますから、

俗に言う女性の幸せには、縁遠くなり易いですが、

そもそも好奇心が外に向くので、活動の主体となる

能力をきっちり育てて対等なパートナーシップを

築くことで満足度は高くなります。

意味もなく自分から折れることは出来ないので、

パートナーには、情緒的には子供っぽくても、

精神性が高い相手が相性が良いです。

この逆は、一時的に甘える相手には良いですが、

元気になった双子には、無理です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!