女性の幸せに貢献しないタイプと月

月が抑圧された男性は、どう転んでも

面倒臭いかも知れません。

完全に自立すると女性の必要性が

極端に減りますし、自立していないと

甘えが満たされていない気難しさを

抱えています。

占星術的に月は、妻を表します。

その月と他の天体の相性の悪い男性は、

本人が望んでも、構造的な問題として

月=妻を大切に出来ません。

sponsored link

仮にそのような男性と妻として相性が、

良かったとしても、その男性の数少ない

サインと繋がりが良いだけで、他の部分は

かなり異なる要素で占められているのです。

そのような男性は、人生において

人を好きになるような季節に、誰のことも

深く愛さずに過ごす場合が多々あります。

感受性は、育つ時に養われないと

後々何とかなるものではありません。

人間性の良し悪しとは、別問題ですが、

月を大切にするセンスがないことだけは

間違いありません。

女性にとっての幸せに貢献する感性が

育っていないのです。

そのような種類の優しさを身につけていない

ということです。

sponsored link

月は、母親も表すので、そもそも母親との

関係性に問題があるということになります。

そのようなタイプの男性は、代わりに

何かしら違うものを心に育てています。

それは、もう本当に千差万別で、個人差が

激しいのですが、もしどうしても

付き合うのであれば、その部分を見極めてから

深い関係にならないと、かなり面倒です。

受け入れ難い趣味もあるからです。

女性を女性らしく大切に思える感性は、

幸福の土台です。

愛があるから、家庭を持ちたいと思い、

自然と働く意味も生まれますから、

モチベーションがどうのこうのと

騒ぐ必要もありません。

自然な愛がきちんと育っているかどうかは

月の状態である程度読める部分が

ありますから、要チェックです。

ただし、人間として素晴らしくても

月の相性が悪いと長時間一緒に生活は

出来ませんから、月の相性の良し悪しは

最低限必要な部分です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!