水瓶座の頑固さと裏切りは紙一重

sponsored link

水瓶座は一見何もこだわらない人に見えますが、

自分の考えを譲らないというか、

対人関係において頑固というよりも、

自分自身に対して、自分のルールを

守ろうとする頑なさがあります。

何も違いがないと思われるかも知れませんが、

水瓶座の頑固さは、自分も傷付けているのです。

自分の方針に従うことで、切り捨てられた

感情は、見向きされません。

どんなに悲しくても、寂しく感じても

頑固に考えを貫くことで、誰よりも

自分を裏切っています。

切り捨てられた相手がいたとしても、

水瓶座に対して、怒ったり、憎んだり

悲しい思いをしてもやがて諦めがつきますが、

水瓶座本人は救われません。

失われた季節は二度と戻ることはないからです。

これは綺麗事ではなく、自分を狭めることの

悲劇とも言えます。

水瓶座は、身近な人間関係に対しては、

もっと気を配る必要があります。

見えないダメージがたまるのは

水瓶座自身です。

そうやって手にいれた理想、守り続けた考えが

水瓶座自身をどこに導くのか考えないと

実際に生きているのは、水瓶座が最も

否定する山羊座社会です。

12サイン別、紙一重の裏切りは、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!