羽生結弦選手は、水瓶座の月を前向きに生きる

sponsored link

水瓶座や魚座の良さを発揮して生きることは

非常に難しい部分があります。

日常生活を生きるということは、サインで

言えば、山羊座までで十分であって、それを

否定することで成り立つ水瓶座や魚座の

資質を実人生でそのまま発揮していては

地域社会に上手く溶け込むことは

出来ませんから、水瓶座や魚座の

本来の既成社会を改善するような役割は

果たせないのが実情です。

余程の能力がないと、既存の価値に対して

何かしら新しい価値を持ち込むことは

出来ません。

今回の羽生結弦選手の活躍を想像することが

難しかった人も多かったと思います。

オリンピック2週間前にダブルアクセルも

飛べなかったところからの連覇というものは、

肉体を精神が支配している状態に到達

したのかも知れません。

羽生結弦選手の太陽サインは射手座で、

精神が肉体にそのような働きかけをするのは

獅子座なのですが、獅子座の火星が

飛ばしたのかなと思ったりもします。

羽生結弦選手は、月が水瓶座で気持ちに

かなりの負担がかかるタイプですが、

羽生結弦選手のことを断片的に知るにつけ

普通の人と水瓶座の月の扱い方が違うのではと

考え始めています。

ローカルな環境や考え方に負けない

水瓶座本来の力を発揮出来る月なのかも知れません。

太陽サイン射手座は、ローカル性に縛られない

サインですし、月は太陽サインとの組み合わせで

かなりキャラクターが変わって来ます。

生まれ時間が分からないので、詰めることは

出来ませんが、少しずつ伝わってくる言葉を

補足しながら、ホロスコープを見直していくと

水瓶座の月の良い部分を生きられる稀有な

人物かも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!