第2ハウスの月と美容法

sponsored link

月が意味する気持ちの部分と第2ハウスの表す

身体的要素を上手く繋ぐことで、

美しくなります。

月が良い状態か、悪い状態かの違いで

化粧の乗りが違ってくるのは当然ですが、

第2ハウスの月の長所を生かすには、

他の天体の助けが必要になります。

気持ちと体を繋げる月にとって、体という

第2ハウス的なものと相性が良すぎるのです。

第2ハウスと相性が良すぎると無気力に

なってしまいます。

気持ちが肉体側に寄り過ぎるのです。

美味しいからと言って食べ過ぎれば

太ってしまうことと、第2ハウスと月の

関係は、似ているかも知れません。

美味しいと感じる点では、恵まれていますが、

客観的な視点を持たなければ、

食べ続けて太るだけではなく、体の一部の

パーツにこだわるような美容法にのめり込んで

いきがちです。

ここに客観的な美しさが持ち込まれないと

ハイヒールだけが好きとか、ハイヒールを

美しく履くために、脚だけのトレーニングや

美容を施すような取り組みになってしまいます。

第2ハウスの月は、満足感が高い組合せなので

それで良いと言われればお仕舞ですが、

本来の美容やファッションは、その人の個性に

基づいて全体を美しくコーディネートする

ということだとすれば、太陽サインや土星サインを

通して、意識して月を捉える必要があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!