羽生結弦選手に学ぶ太陽サインの力

sponsored link

「果てしなさを希望や金運に変える太陽サイン」

に、太陽サインの大切な役割について

書きました。

羽生結弦選手のファンの方たちなら、彼が

強いだけの人間で無いことは知っていると

思います。

羽生結弦選手の太陽サインは、サビアン度数

射手座15度もしくは、16度の可能性が

ありますが、様々な要素を考慮して

射手座15度だと考えています。

羽生結弦選手が驚くほど、大人の振る舞いが

可能なのは、この射手座15度の理想を

実現しようと頑張っているからだと思います。

サビアン度数射手座15度は、自分を取り巻く

状況をしっかりと把握して、自分のコンディションを

調整しながら、自分のすべきことを判断します。

そのようなスタイルは、自分の信念を

貫くためであって単なる処世術ではありません。

現実に、きちんとした結果を出すということは、

何歳であっても太陽サインが発動します。

羽生結弦選手が多くのものを犠牲にして

金メダルにかけたという発言は、金星期の

年齢なのに、太陽サインに集中したという

ことだと思います。

羽生結弦選手の金星は、サビアン度数蠍座6度

もしくは7度です。

恐らく蠍座6度だろうと思われます。

これは、自分が希望することを何が何でも

達成しようとするサビアン度数です。

そのためには、様々なものを後回しにしても

やり遂げるのです。

このような金星は、出方によっては、強引さ故に

対人関係に問題を起こすこともありますが、

心にある愛情の質や量次第で、得られる希望は

いくらでも豊かになります。

金星は、太陽サインの理想を支えるために

働く天体でもあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!