第12ハウスの月とドラキュラの棺桶とドライブ

第12ハウスの月は、気のレベルで周囲から

影響を受ける何とも厄介な月です。

第12ハウスの月が、独力で現実的な安らぎを

作り出すのは、不可能と言って良いかも知れません。

気のような類のものは、幽霊と一緒で何でも

貫通してしまって守りようがありません。

本当は、ドラキュラの棺桶のようなものに

閉じこもって、全てをシャトアウトして

誰の影響も受けずに、眠りに就けることが

理想かも知れませんが、それもイメージであって

棺桶すらも、貫通して他者の影響を

受けるかも知れません。

ドラキュラの棺桶は、第12ハウスの月の

心の壁の無さを表現したかっただけで、

第12ハウスの月を守る本質的な手段は

自分自身で心の周囲に特定の空気感を

まとうことにあります。

自分の能力で、それが出来るのであれば

具体的な手段は、何でも構いません。

ドライブでそれが作り出せるならば、

ドライブしている時に味わえる空気感で

第12ハウスの月を守れば良いのです。

問題は、ドライブが終わった後です。

しばらくすると、その空気感は無くなります。

そういう意味では、やはり第12ハウスの月は

扱うことが大変な月です。

第12ハウスの月は、自分の感覚が入っていける

手段であれば自由に心の壁の代用品を

作り出せるので、何か一つ身に付けることを

お勧めします。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!