第12ハウスの月の母は、黄泉の国に住む

sponsored link

第7ハウスの月は、行動の出発点や

土台である月が、人間関係の第7ハウスに

あることで、対人関係からの影響を

受け過ぎる性質から逃れられません。

同じように、影響を受け易い第12ハウスの月は、

人間関係というよりも、地域全体の空気から

影響を受けるような儚さがあります。

特定の誰かではなく、ローカルな雰囲気

そのものから、直接的に影響を受けるのです。

極端に言えば、土地の雰囲気に

備わる霊のようなものからでも

影響を受けるのです。

例えば、第12ハウスの月を持っていると

月の年齢域の頃であれば、様々なものが、

ダイレクトに月に侵入してくるので、

それが霊的なものとして感じられても

おかしくはありません。

極端なことを言うと、第7ハウスの月は、

人間関係から影響を受け混乱し易く、

第12ハウスの月は、霊から影響を受けると

言って良いかも知れません。

第1ハウスの月も周囲の影響を受け易い月です。

sponsored link

第1ハウスの月は、周囲の人を真似るという

意味での影響の受け易さなので、

また一味違います。

月は母親を意味するので、第1ハウスの月でも

第7ハウスの月でも、母親の存在は、

かなり色濃く出ますが、そのような観点で言うと

第12ハウスの月の母親は、死者の母です。

実際の母親よりも、母なるものに共鳴

し易くなります。

母なるものとは、肉体という実態を持たない

純粋な母性のようでありながら、その背後に

禍々しい残酷さを隠している女神のような

母親像を求めるのです。

それは、もう生身の女性ではありません。

日本神話であれば、まるで伊邪那美のような

存在かも知れないのです。

子供が慕うわけですから、その美しい部分だけに

憧れるのでしょう。

求めても決して得られない母性です。

探しても絶対に見つからない母親です。

その代わりと言う訳ではないでしょうが、

現実の母親は母性の持つ残忍な部分を隠し持つ

可能性も高くなります。

このような傾向は月と他の天体のアスペクト次第

ですから、また別問題として検討した方が

良い部分になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!