月のメンテナンス

sponsored link

半ば無意識に動き続ける月を知ることは、

煩わしいことになるのか、癒しになるのか

微妙なところがあります。

あまりにも、きっちりと月を把握したら

月は動けなくなります。

しかし、あまりにも放置していると

知らない間に、月に飲み込まてしまって

繭の中に閉じ込められたような状態に

なるかも知れません。

月に飲み込まれた様子とは、理性を見失って

自動的に癖を繰り返すような状態です。

その様子を、まったく自分で把握

出来なくなることは、狂気と呼ばれるものです。

月という気持ちは、太陽という理想を受け取ることで

バランスをとっています。

月独自の価値があるとしたら、月のあるハウスで

気持ちを寛がせて、元気をチャージすることです。

そんな月をメンテナンスするとしたら、

時折、月について語ることで十分かも知れません。

月と冥王星のコンジャンクションのように

デープで捻じ曲げられた濃い月もあれば、

明るいハウスでソフトアスペクトを作っている

穏やかな月もありますが、語る必要量に

差があるだけで、方法論は同じです。

12ハウスの別の月についてのよもやま話です。

sponsored link

第1ハウスの月

第1ハウスの月とキャンピングカー

第1ハウスの月とイチロー選手

第2ハウスの月

第2ハウスの月と美容法

第2ハウスの月とスイーツ

第3ハウスの月

第3ハウスの月とオープンカー

第4ハウスの月

第4ハウスの月と注文住宅

第4ハウスの月と怪奇現象

第5ハウスの月

第5ハウスの月と芸術

第6ハウスの月

第6ハウスの月と小鳥

第7ハウスの月

第7ハウスの月とプーさんの着ぐるみ

第8ハウスの月

第8ハウスの月の暴力性と金運、パチンコ編

第8ハウスの月の強力な金運

第9ハウスの月

第9ハウスの月とホワイトデー

第10ハウスの月

第10ハウスの月とレクサス

第11ハウスの月

第11ハウスの月と遊園地やテーマパーク

第12ハウスの月

第12ハウスの月と社会的地位と汚職

第12ハウスの月とドラキュラの棺桶とドライブ 

第12ハウスの月の母は、黄泉の国に住む

第12ハウスの月と秘密基地

第12ハウスの月とお化け屋敷

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!