スクエアとの付き合い方

自分のホロスコープの中にスクエアが

あると、何か運が悪いみたいに

感じる人がいますが、そもそもスクエアは、

Aというスイッチを押したらBが消えて、

Bを押したらAが消えるという構造であって

これがあるから、すぐに運が悪いという

わけではありません。

無意識にバタバタしていると、Aに夢中に

なっている間に、Bが滅茶苦茶に

なっていたように思えて、運が悪いように

感じるかも知れませんが、自分自身が

相反する要素を同時に追いかけたい人なんだと

冷静に捉えることで、ある程度対処出来る

部分もあります。

sponsored link

そう言った意味では、木星とスクエアだと

豊かさが甘さに繋がり易くなるかも知れませんし、

火星とスクエアなら唐突な感じで、乱暴な感じに

なりそうな気配もあります。

冥王星とスクエアなら、強制力で

押しまくるという強引さが目立つかも

知れません。

しかし、これらは自分のスクエアに

無自覚な場合です。

スクエアの両方の資質とも大切で、

他人の2倍以上の仕事をする人もいますし、

一つの価値に絞って、もう一つの価値には、

都度都度背中を押してもらうような使い方を

する人もいます。

スクエアの使い方は、両方の価値の重要性や

好み、目標と照らし合わせて両方に良い顔を

するのか、一つに絞るのか、その程度、頻度

色々と自分なりにカスタマイズ出来るという

スタンスで付き合うとまた違う側面が

見えてくるかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!