高畑勲監督の情熱

高畑勲さんは、沢山のアニメ映画の演出や監督を

されました.

個人的には世界名作劇場の頃が特に好きですが、

緻密なリアリティは、高畑勲さんの力が

大きいのかなと思っています。

アルプスの少女ハイジもとても素晴らしい

作品でした。

あのような作品が貶められることがないように

願いたいものです。

高畑勲さんは、乙女座の金星と海王星の

コンジャンクションが作り出す世界観を

一貫して表現され続けたと思うのですが、

このアスペクトは、異性に向けられるか

仕事に向けられるかでかなり違った

結果になります。

sponsored link

高畑勲さんの金星と海王星のコンジャンクションは

冥王星も関わっているので、恋愛とかに向けられると

激し過ぎてかなり不安定な感じになりますが、

沢山の作品に向けられることで昇華されたのかも

知れません。

ただ宮崎駿監督が制作が決まると公開まで一直線に

行かれる印象がありますが、高畑勲さんは、何度か

紆余曲折があったような気がします。

その辺りにも、この冥王星は影響していたかも

知れません。

資金をオーバーしたり、製作期間を

超えたりするようなある種の取りつかれたような

情熱を考慮すると、太陽サインは、サビアン度数

蠍座6度かも知れません。

資金のことや製作期間のことを取り上げたのは、

それでも理想に向かっていくのが、この度数

だからです。

そのような姿勢で金星と海王星の

コンジャンクションの世界を追求されたと

思うのです。

高畑勲さんのご冥福をお祈りいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!