好きな人との距離感、牡羊座の場合

sponsored link

牡羊座タイプの人の幸福は、実際の現実から

一定の距離を取っている方が元気で過ごせます。

牡羊座がどの天体にあるのかにもよりますが、

例えば、金星が牡羊座の場合、金星期である

16歳から25歳の幸福感に影響を及ぼします。

この時期は、異性を好きになる可能性が

とても高いものですが、牡羊座が絡むと

交際環境を含めてですが、好きな人が

OKを出してくれて、実際に交際が始まっても、

完全にその関係性に埋没することを恐れます。

どっぷりと関係にはまって、自分を失うことを

本能的に避けようとするのです。

これは交際相手を嫌いだからではありません。

自分自身の存在そのものに対する牡羊座タイプ

固有の不安です。

牡羊座タイプには、牡羊座タイプの距離感が

必要で、完全に環境や相手に溶け込んだ時に

エネルギーを失ってしまうのです。

sponsored link

そもそも火のサインは、離れる要素を持っているので

牡羊座だけが、親しくても距離感を保とうとする

わけではありませんが、自分の存在そのものが

消し飛んでいく不安は、牡羊座だけです。

牡羊座タイプは、自分の精神世界に住んでいます。

そこに一緒に住み続けられたら理想のように

思えますが、そこは牡羊座タイプが独自に

進化させていく必要がある特別な世界なので

相手の世界と行きつ戻りつするのが正解です。

自分の精神的世界観にぴったりと感じれば

理屈抜きで一目惚れする牡羊座タイプですが、

やがて現実に気が付きますし、長期間自分の

世界から離れて活動することは、エネルギーが

枯渇するので無理です。

因みに相手の精神的世界観を問題にするのは、

牡羊座タイプだけの関心なので、相手は

牡羊座のこだわりよりも牡羊座の存在全体を見て

判断していますから人間関係は落ち着いて

判断したいところです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!