第8ハウスからみる不毛な恋愛と意味のある愛

sponsored link

第8ハウスは、死(死以外の意味もあります)を

意味するハウスです。

本当に肉体的に死んでしまうだけでなく

精神的な面を全否定されるようなことも含みます。

そのような事態は後ろ向きなことではなく、

新しい資質を後天的に身に付けるための否定であって

否定のための否定ではありません。

新しく生まれ変わるために、何かと同一化する

プロセスの前段階の形態が死と表現されるのです。

死の関門を通過することで、同一化した相手と

深い一体感が生まれます。

逆に言えば、この死の関門をくぐることを拒否すると

第8ハウスを通過することは出来ません。

現実的な力を持つためには、何かと一体化する

必要があるのです。

これは、恋愛に関しても同じで、交際相手を

頻繁に変える状態では、いつまでも本当の

一体感は育ちません。

それは本当の愛が持つ可能性やパワーをいつまでも

実感出来ないということを意味します。

二人の関係に何の意味も生まれてこないのです。

不毛な恋愛関係です。

sponsored link

ずるい人は、故意に二人の関係に有意義な意味を

持たせないように慎重に振る舞います。

それは自分が傷つきたくないのかも知れませんし、

肉体の関係のみに終始したいのかも知れません。

理由は様々でしょうが、健全な人間は意味の無い

関係性にいつまでも耐えることは出来ません。

第8ハウスで払う犠牲は大きいものですが、

自分一人では、到底生み出せない新しい価値を

作り出すための重要なハウスです。

二人の相性が化学反応を起こす部分とその性質を

二人の幸福感や成長のために役立つようにする

仕組みを作る努力を上手く合わせるための場所です。

この新しい価値は、特定の関係や集団において

重要なものではありますが、そこに「わたし」が

含まれる限り有効なものであって

万能ではありません。

普段は奥深く眠っていますが、激しい執着や憎悪が

背後にあるハウスですから、コンディションが

悪いと死の様相が前面に出て来る場合もあります。

しかし、不毛な愛を避けて、意味のある愛情関係を

結ぶには、挑戦しなくてはならない場所です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!