首相案件や森友問題と安倍首相の第2ハウス

sponsored link

首相案件、森友問題と様々なことが

言われていますが、このような事柄は、

全て大きな資金が動きます。

機密費の問題も然りです。

一般人には、何が正しいのか確かめる術も

ありませんが、お金の問題と言えば第2ハウスです。

安倍晋三首相の第2ハウスには、冥王星があります。

ここに冥王星があると資金の流れは、

常識的でない流れを作り出します。

その冥王星は、サビアン度数獅子座26度です。

この獅子座は自分にとっての正当性を求めて

自分に必要な印象だけを収集する度数です。

そのような行為を通して、自分の目標を

達成することが目的です。

獅子座的なクリエイティブな動機を

芸術等ではなく現実社会に根付かせようと

するところが、それまでの度数の獅子座と

異なるところです。

この冥王星は、安倍晋三首相のホロスコープに

ありますが、世代的なものでもありますから、

この冥王星に集まる仲間もいます。

安倍晋三首相の第2ハウスは、獅子座ですから

安倍晋三首相の感覚としては、自分は正しいと

信じています。

加えて、安倍晋三首相の第2ハウスの支配星は、

第3ハウスにありますから、自分の利益のために

知性を用いることは得意になりますし、

その用い方についても確信に満ちて自信は

揺らぎません。

このように第2ハウスだけでも観てみると、

国会中継で見る安倍晋三首相とそれほど

違和感は無いような内容にも思えます。

安倍晋三首相の冥王星は、水星との

アスペクトのみですが、水星は火星、

木星、海王星ともアスペクトがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!