第5ハウスの月と芸術的資質の関係

芸術系の大学に進学する人で第5ハウスに月が

ある人は比較的多くいます。

月の年齢域の時期に創作的なセンスが

育っているのでナチュラルに、取り組めるのです。

無意識でやっていることが楽しい上に、安らぎに

なる行為ですから、努力が苦痛どころか

いつまでもやっていられます。

しかし、問題はここからです。

sponsored link

本格的に芸術活動を継続するには、観察力を

意味する乙女座をどのような天体が

担っているとか他にも様々な要素が

必要になります。

乙女座が天王星であれば、オリジナリティが

発揮されます。

芸術的資質が、どこのハウスであるかも重要です。

芸術的資質を示すものが、第2ハウスに

(牡牛座を意味するので芸術的資質に繋がっていきます)

どれくらい、またどのようなものがあるかが

重要です。

第5ハウスに月というだけでは、子供向けのような

イラストに落ち着く人もいますし、パン作り等

他のことに創作的な気持ちを向けて楽しむ

場合もあります。

第5ハウスの月だけでは、創作的行為を楽しむ

資質にはなりますが、他のバランスによっては

純粋に遊ぶのが好きなだけになる場合もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!