日本大学学長ではなく田中英寿理事長について

日本大学のアメリカンフットボール部の

部長であった内田前監督よりも、

日本大学内で、地位が下位に当たる

日本大学の学長が会見をされていますが、

学長は、学問の長です。

学長の会見の様子を見ていると、

原因を究明しようとする雰囲気が強く

出ていないことが気になります。

sponsored link

アメリカンフットボール部の前監督より

上位である理事長が会見をすべきでは?と思い

ホロスコープを作ってみると、冥王星の

影響が強い形で、太陽と火星は射手座ですが、

獅子座と蠍座という対立的な固定サインが

強いホロスコープで、実力主義で組織を

コントロールするタイプです。

大枠で言えば、田中英寿理事長と

日本大学でナンバー2と言われる内田正人氏

似ているタイプと言っても良いかも知れません。

ただ、内田正人氏は、地のサインがありませんが

田中英寿理事長には、地がありますから、

内田正人氏よりも現実に対する感覚が勝るでしょう。

しかも、射手座なので、目的に対する向上心が

内田正人氏よりも、強くなります。

組織のトップのナンバー1、2を獅子座と蠍座の

組合せの人が占める組織の判断と考えると

学問の長である学長が、今回の件で会見を

した理由を色々考えてしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!