天秤座の月と冥王星のコンジャンクション

天秤座の月と冥王星のコンジャンクションの例です。

人との交流という点において冥王星と月の

距離を一気に駆け上がったり、下ったりするのですが

冥王星を異次元の世界の入り口と考えた場合、

人間の生活の圏外であり、神の世界という

捉え方もあります。

その影響を、どのように善悪に振り分けるか

という個人の考え方は、それぞれですが、

神様(悪魔)と個人の関係と捉える人もいます。

その影響の善なる部分を神様とし、悪の部分を

悪魔として認識するのです。

本来、天秤座は、人間関係の交流に活発に

なりますが、神様との交流に従事する場合が

あり得るのが天秤座の月と冥王星の

コンジャンクションです。

冥王星を異界の入り口と考えた場合、

他者からの影響を受け易い天秤座の月という

プライベートに対して、不思議な人物を

招き入れるということもあります。

この不思議というのは、常識的に考えれば

謎めいているだけであって、本人的には、

ある種の正解です。

この正解は、特殊、非日常的なものであるので、

他人との交流において、混乱し易くなります。

そのことに関して、他人が介入し過ぎると、

自分の力で他者との交流スタイルを形成出来ずに

発達障害という診断を下される場合もあります。

sponsored link
error: Content is protected !!