桂歌丸師匠

桂歌丸さんが亡くなられました。

ずっと亡くならないように思える人が

また一人亡くなられました。

安心して見られる笑いは、とても大切だと思います。

そういう笑いを担っていたお1人だと思うのです。

噺家としては、水星と海王星のコンジャンクションが

大きく関わっているかも知れません。

無意識との境目を得意とするこのアスペクトは、

怪談話にぴったりだったのでしょう。

sponsored link

風のサインが全くないのに、変なふうに

重くならなかったのは、水星と天王星がトラインで

地のサインのアスペクトですが、天王星の

普遍的な性質が風通しの良い価値観を

作りあげていた可能性があります。

太陽サインと土星サインがインコンジャクトなので

自分を主張したい獅子座を納得いく形で

表現するには、かなりの訓練、努力を

された様子が窺えます。

獅子座と魚座のインコンジャクトは、

他人から愛されるための訓練になります。

土星期まで続くようなアスペクトですから、

人気が不動のものになるは、60歳近くまで

かかった実感があったかも知れません。

最後に触れなくてはならないのは、

金星と天王星のトラインです。

古典的な美しさという解釈も多いこのアスペクトが

落語に向くのは、ありかも知れませんが、

生まれ時間が分からない中で、敢えて

女装にも意味を持たせたいと思います。

恋愛のイメージに天王星の既成概念に捉われない

働きが加わります。

女装姿にも、女装上等という気分で

楽しんで取り組まれていたに違いありません。

ご冥福をお祈りいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!