生まれ変わる時に本当に頼りになる部分

ホロスコープを使って生まれ変わろうとする時に、

気を付けたいことがあります。

一般的に良い働きをすると言われる

ソフトアスペクトは、上手くいって当然という

感覚を持ち易く、変化する時にそれが

上手くいかなければ、苦しい思いをします。

そして幸運に慣れている部分なだけに

意外と心理的なダメージが大きいのです。

sponsored link

ハードアスペクトは、日頃から望む状態が

得られ難いという使い難さがあります。

しかし、変な話ですが、葛藤馴れしている

部分があって、期待したものが手に入らない

状態に、ある意味で慣れています。

もっと言えば、最初から期待すらしていない

拗ねたような感じです。

ソフトアスペクトだけであれば、

生まれ変わるような変化をしたいどころか

変化そのものを望まないでしょう。

環境によっては、ハードアスペクトが

生きる場合もあります。

自分が望む様な状況に移動するということは、

このような枠組みを緩くする段階があるのです。

天体のサビアンが初期度数であれば、物事を

対立的に捉えるかも知れませんが、

自分が信じていたその分け方さえも、固定された

ものではありません。

自分自身が生まれ変わるということは、

それを取り巻く状況もセットで変化するのです。

これは、挫折や裏切りでもなく、周囲の人や

環境の異なる面が見え始めただけです。

願いを叶えたいと強く望んだり、何かしら

生まれ変わりたいと焦る人は、それに伴う

他の変化について、考慮しない場合が

多々あります。

自分に関係あるものを出来るだけ細かく認識して

少しずつ取り組んだ方が、後々良いかも知れません。

これは、別にゆっくりと進むということではなく

丁寧に取り組むという意味です。

上手くいくこと、適性があることに関しては、

人の感覚は、細かく働きます。

あまり違いの分からないことは、どうでも

良いことだと言えますし、そこには

可能性が少ないことを示すことが多いものです。

sponsored link

最初から、繊細に感じられる分野は、魂の

出入り口かも知れません。

細かい取り組みが苦にならなければ、手段として

可能性があるかも知れません。

気にならないことに関しては、壁かも知れません。

動ない壁も無ければ、何かあれば簡単に

ガタガタになります。

良い意味で変化するということは、それらを

おおよそでも、認識することがお勧めです。

実は、壁みたいな部分が一番頼りになります。

どんな時でも、自分が存在する前提のような

働きをしてくれるからです。

得意なことだけを頼りにすれば、必ず失敗します。

ピンチの時は、普段は葛藤を感じているような

要素が頼りになりますが、それらを繋いで

安定的に支えてくれるのは、壁のような部分です。

そこは計算に入れても、そうそう裏切られません。

ホロスコープ内に限らず、人間関係にも

当てはまります。

人間関係も第1ハウスから第12ハウスに

当てはめても発見があるかも知れません。

自分の好きなことで成功させるにしろ、

好きな人と楽しく暮らすつもりにしても

動かない壁は、頼りになる足場です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!