心の傷と天王星の関係

「心の傷を癒す」というページは、どうしたら

良いか分からなくなった傷の所在を理解する

ことを考える記事です。

メリットは確かにあって、傷に無自覚だと、

調子が良くなった頃に、また傷が悪さを始めたり、

頑張ろうと思うだけで動けなくなる人もいます。

種類は様々で、本当に大なり小なりですが、

何も背負っていない人は、誰一人といません。

sponsored link

何かしら背負っている以上は、前進する力も

高めていかないと、現状が変わらないどころか

後退していきます。

背負っているものによって、山の角度は

異なりますが、常に力を出し続ける必要があります。

これは、その時々で、自分なりに目いっぱい

頑張っている理由でもあります。

生きることは、なかなか手が抜けないのです。

遊んでいるから楽というものでもありません。

仕事をする方が人は、年を取らないものです。

天王星のあるハウスは、そんな状態から

一歩、二歩と抜け出すための心の鉱脈です。

自分から変化するのか、誰かに、何かに

変化させられるのかという危うい面のある

天体ではありますが、使いこなすことで

世界は変わります。

記事の都合上、一つのテーマを強調するような

感じになりますが、他にも順次、ホロスコープの

構造を通して、自分自身のある部分を

解体して組み直したり、第7ハウスを

入り口にするような社会との有効な繋がり方を

創造していくことで、生まれ変わるような

成長が遂げられますから、心の傷を癒す意味でも

天王星の力は必要です。

今よりも何倍も元気が出れば、根本的に

状況を変えることが可能になります。

心の傷が深いほど、厳しい山を上ることになります。

それに負けない力があれば、いつか頂上に

辿り着くことが出来るはずです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!