自然体で仕事を選択することで運が開ける第6ハウス天王星

第6ハウスは、第1ハウスから第5ハウスまで

育ててきた自分の価値と第7ハウスで他人が

認める自分を調整するハウスです。

「思い込んでいる主観的な自分」VS

「他人の視線、評価」という言い方も出来ます。

この第6ハウスに天王星があると、

調整する必要性を超越します。

天王星ですから、この調整にオリジナリティを

発揮します。

第6ハウスは、要求されたことをこなす場所として

仕事のハウスと言われます。

本来ならば、仕事で求められる役割に、自分を

合わせていきますが、天王星が第6ハウスにあると

自分に合った仕事を探すことになります。

その本質は、調整の放棄です。

自分を迎合させないということは、オリジナリティを

貫くということです。

洗練されない状態であれば、反抗的に映るかも

知れませんが、使いこなしてくると

自然体になります。

第6ハウスに天王星がある場合に、生まれ

変わるような成長をするには、自分を変える

努力ではなく、自分に合った仕事の形を

求めることになります。

第6ハウスに天王星がある有名人には、

所ジョージさんがいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!