第7ハウスの持つ厳しい審判と選択の自由

第7ハウスは、第1ハウスから第5ハウスまで

育ててきた内面を、表現する第一歩です。

社会化の第7ハウスで試される内容は、

人それぞれ違います。

sponsored link

ここで失敗すると、第6ハウスでの調整の努力は

報われません。

再度、第7ハウスを生かす時の経験には

なりますから、無駄という意味ではありません。

それでも、内面で培ってきたものが、認められるか

どうかという審判の場であることは変わりません。

他者との交流というのは、そのような場であって

他人と交際するということは、お互いを判断し合う

厳しい側面があります。

お互いの印象を相互に交換して判断するのです。

ただ、第7ハウスの段階は、選択の段階です。

厳しい側面はありますが、第7ハウスの厳しさは

それぞれの個性に支えられた限定的なものであり

自分自身が違うと思えば、異なる選択肢を

選べば良いのです。

恋愛運

№1、小倉優子さんを魅力的にした第7ハウスの冥王星。

占い

№1、人間関係で伸びる第7ハウス天王星タイプの増田貴久さん。

好きを育てる

№1、ワクワクする夢を現実的な成功に調整する第7ハウス。

月について

№1、第7ハウスの月と恥ずかしい格好。

№2、第7ハウスの月とプーさんの着ぐるみ。

第7ハウス土星

№1、第7ハウス土星の生命線の背景。

第7ハウスの該当箇所があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!