誰にも必要とされていないと思った時に確かめたいこと

sponsored link

第7ハウスでは、結婚に関して、お互いを

選び、選ばれることに意識を置くことになりますが、

そこに個性の変更はありません。

それどころか、相手の個性を考慮して

自分の結婚相手に相応しいのか、

自分自身が相手の結婚相手に釣り合うのかを

考えたりします。

しかし、後々、実際に結婚生活をする日々の

影響を考えると、第8ハウスが意味するような

新たな人格の出現が全く考慮されていない

ことになります。

占星術的に言えば、シナストリー的な相性だけを

観ていることになります。

第7ハウス的選択だけで考えれば、

自分は誰から必要とされているのか?

という問いかけでもあります。

誰にも必要とされていないと感じる様な

出会いしかなかったように感じる人は、

第8ハウスが、あまり機能していないか、

第7ハウスが強すぎるのかも知れません。

他人や自分を審判するような目で見過ぎるのです。

第8ハウスの作り出す、一体化、絆は

綺麗事ではありません。

泣いたり笑ったり、傷付いたり、傷付けたりしながら

お互いに取り返しの付かない「しるし」を残します。

それは、新たな生命力の導管の入り口にも

なり得るものです。

誰にも必要とされていない人は、いません。

仮に本当に、かなり特殊な個性であったとしても

それに合う相手はいます。

sponsored link

第8ハウス的にパートナーの選択を考えると

コンポジットということになりますが、

子供が生まれれば、その計算は変わります。

つまり、誰にも必要とされていないと考える人は、

考えることが先行し過ぎるのです。

第7ハウス的な個性を維持することを念頭に

置き過ぎると言った方が正確かも知れません。

自分が変わることが怖いのかも知れません。

それは、翻って、自分自身が、誰のことも

必要としていないということです。

占星術的には、第8ハウスを通して「絆」を

結ぶポイントを探してみてもありかも知れません。

自分で、ホロスコープを観るのが難しい場合は

誰かに解説してもらっても良いかも知れませんが

その時でも、あくまでも自分の感じ方が大切です。

他人に観てもらう場合は、その解釈と自分の

感じ方の対話が必要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!