自分だけの第10ハウスの見つけ方、見出し方

「第10ハウスと自分だけの第10ハウス」

以前書きましたが、その考え方です。

自分だけの第10ハウスを見つける目安に

なるのが、天体が集中しているハウスを

第1ハウスにして考えることです。

最低でも、3個、もしくは4個以上を

目安にして下さい。

まずは、これが一番簡単です。

sponsored link

第1ハウスがメインなら第10ハウスは、

本来の第10ハウスです。

第2ハウスがメインなら、第11ハウス的

世界で物事を達成するイメージを描いてみて下さい。

自分のタイプのハウスを起点にしてから

10番目のハウスを探すだけです。

大切なのは、解釈です。

第3ハウスがメインなら第12ハウスから

ヒントを得て下さい。

第4ハウスがメインなら、第1ハウスから

ヒントを得て下さい。

第5ハウスがメインなら、第2ハウスから

ヒントを得て下さい。

例えば、このケースであれば、第5ハウスは

全く主観的なハウスです。

客観的な視点や社会性を持ち込めば、消失する

可能性もあります。

第2ハウスは、自己防衛的な場所ですから、

そのような環境が、物事を達成する必要がある

ということです。

意識は一つのように見えますが、物事は、

幾重にも階層を持って成立しています。

その中の幾つかを選択して私たちは

暮らしています。

見なかったり、スルーしている階層も

沢山あります。

そのことは、ここでは触れませんが

少なくとも自分自身に関しても、幾つかの

感受点が表すように、占星術的に捉えても

十数種類の層はあります。

sponsored link

第12ハウスがメインのタイプの人であれば

第9ハウスにヒントがありますが、これは

見えない世界を扱うには、多分に思想的に

ならざるを得ないということです。

そのように扱うことで育つものがあることを

表しています。

逆に言えば、思想的に伸び伸びと振る舞っても

現実に入れられてしまえば、霊的なものを

どれだけ精神的な価値に置き替えても、

それらは、壊れていくことを意味しています。

第12ハウス的な価値は、それを認める精神世界で

しか成立しない側面があることを表しているのです。

しかし、これは否定的な見解ではありません。

身体を土台にする以上、限定されなければ

活用できる自由は生まれません。

これが理解出来れば、第12ハウスタイプの人は、

引き寄せてしまえば何とかなる部分があるので

その力を成立させる第9ハウス的な世界の方が

物事の達成に重要になります。

主観的な第10ハウスの関連記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!