自分だけの第10ハウスの見つけ方(第2ハウスタイプ)

自分だけの第10ハウスは、当たり前の

第10ハウスとは違います。

決して本来の第10ハウスの代わりになりません。

気持ちを社会的な目標達成、地位獲得に

乗せていくための個人的な感覚です。

sponsored link

本来の第10ハウスは、アセンダントから始まる

資質の余計なものを省いて、きちんと地域社会

の一員として収まり切るように仕上げたものです。

役割を担うということは、そういうことです。

だからこそ、地位や権力が発生します。

第2ハウスタイプの主観的な第10ハウスは、

第11ハウスになります。

第2ハウスタイプの人は、大人しい時は、

とても防衛的で自分の才能を中心した

自足的な生活を送ろうとします。

金銭的にも、細かいというか、第2ハウス色が

強くなると出し惜しみするようになります。

このような資質が、何かの機会に過剰な

防衛感覚に火が付くと非常に攻撃的になります。

落ち着いた状態であれば、防衛的に趣味仲間と

才能そのものを仕事にするようなネットワークを

望むかも知れませんし、攻撃的になっていれば

既得権益に対して挑戦するかも知れません。

sponsored link

以下は第2ハウスが強い人にとっての主観的

第10ハウスである第11ハウスとの関係です。

第2ハウスタイプの人は、落ち着き過ぎると

怠け者になり易いので、そう言った意味では

攻撃的な状態の方が、より開放的であり

努力をします。

基本的に個人的な才能をベースにした

成功像を描くので気分は、一国一城の主と言うか

守りの唯我独尊ですから、縦社会よりも対等な

ネットワーク形式な環境の方が育ち易い

主観的第10ハウス(第11ハウス)です。

自閉的な気質なので、必要な時に横の関係に

対して、コミュニケーションの窓を

開ける感じでしょうか。

本来の第10ハウスでは、このような守りの

姿勢は、トップダウン式の命令で個人の事情が

侵害されたような状況になります。

強引に学ぶ機会は用意されますが、社会的成功の

イメージとは言い難いものです。

ハウスのサイン、天体やアスペクト、

支配星の動きを考慮して自分だけの成功の

イメージを作ると、かなりモチベーションアップに

役立ちます。

頭で考えることと気持ちを一致させ易くなるのです。

主観的な第10ハウスの関連記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!