ヨッドの殺意

sponsored link

穏やかではないタイトルになっていますが、

ヨッド持ちの人は、内心、切れ易い傾向に

あるかも知れません。

表には出さなくても、かなりヒートアップ

しているのです。

誰でも、そのような面がありますが、

「殺意」に行き付くのは、やはり問題があります。

もちろん、ヨッド持つ人が誰でも

ということではなく、たまたまそのような人が

続いただけかも知れませんが、その根底に

あるものについて書いています。

ヨッドは、インコンジャクトと二つと

セクスタイルの組合せですが、

インコンジャクト自体が異質な要素を

繋げる面倒さがありますし、ヨッドは

二等辺三角形の頂点にある天体が

一つで両端二つのバランスを取る必要があります。

これが、上手くいかないと場合によっては

安全を感じる感覚が脅かされることになります。

どのような天体でヨッドを作っているかによって

安全を脅かされることの怒りの程度は変わります。

怒りが上手く表現されなければ、周囲との適切な

線引きが出来ずに鬱っぽくなったり、無気力になり

実際に通院される方もいます。

筋の通らない怒りや普通に比べて生活の段取りが

複雑であること等を含めて、表れ方は様々ですが、

自分に整合性を持たせることに、多大な労力が

必要なのです。

その手間が台無しにされる状況や人に対して

殺意を抱くのですが、ヨッドを安定させる努力は、

あくまでも個人の問題なので、理解されないどころか

本音を出せば友人を失うでしょう。

それくらい、理解され難い不安、理解されない

安全に対する感覚を持っているのがヨッド持ちの

人かも知れません。

複数のヨッドを抱えている人もいますが、

本当に大変そうです。

しかし、本来、ヨッドは、そのようなストレスを

乗り越えて、ある目的に特化した能力を磨き

役立てるアスペクトです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!