月と天王星がオポジションの恋愛

深い仲とは、言葉通りの意味もありますが、

精神的にもしっかりと繋がりがなければ、

かなり軽い仲とも言えます。

でも、このような見方は、その人の

心を見ないからです。

もし、月と天王星がオポジションであれば

同じ人とベタベタし続けるのは、

根本的に苦痛になります。

sponsored link

月が作り出す気持ちは、理屈ではありません。

真顔で、1年に何度か会えれば良い

と言う人もいます。

30歳過ぎても、異性と交際しない方もいますし、

身体的な欲求だけを、適時、解消する

場合もあります。

月と金星がスクエアで、不満が高まり

他の誘いに乗り易い場合もあります。

強烈な不満が他人の芝生や相手を良く知らないという

理由で魅力的に思えるのです。

一つのアスペクトで行動の全てが決まるわけでは

ありませんが、アスペクトは、心の運動であり

それをストレートに出せたら、気持ちは

良いわけです。

その結果、他人や自分が、自分自身のことを

どのように評価するかは別問題です。

自分のことを好きになれないかも知れません。

何とも思わないかも知れません。

人格は、あらゆる要素が他の影響を受けながら

出来上がっていく精妙なものです。

年齢もあります。

「若気の至り」というやつです。

もしくは、元カレや元カノと再会したり

タイミングの問題もあります。

第5ハウスタイプの人は、いつまでも恋愛を

していたいという動機もあります。

この場合の第5ハウスタイプの人には、天体の

集中だけではなく、火星や太陽が第5ハウスに

ある女性も含みます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!