DVが好む女性のタイプと嫌いなタイプ

DVするようなパートナーを選択しないために

金星をしっかりと育てることが大切ですが、

金星を育てるって、どういうことなのか

具体的に幾つか書いてみます。

sponsored link

DVは、恋愛関係の延長線上にありますから、

金星のサインの資質を発揮して、美しさを

磨くことです。

「金星蠍座の恋愛」等に、さらっと

雰囲気だけ書いていますが、各サインが

持つ美しさはあるのです。

水瓶座であれば、痩せ過ぎは駄目ですが、

肥満はあり得ないはずです。

水瓶座は、脂肪を含めて物も少ない方が

魅力が出ます。

細かく言えば、同じサインでも度数で

異なりますが、それでも美しさの条件みたいな

ものはあります。

真の美しさは、内面から出てくるものですから

楽しめていない場合、ふとした時の表情が

暗くなったり、時には醜い場合すらあります。

楽しめないと、本当の金星のオーラは

出て来ません。

成熟したパートナーがDVを行うことはありません。

そのような男性は、自分が腹を立てなくて済む

パートナーを最初から選びます。

ここで、完全に運命は分かれているのです。

そこには、相性の問題もありますが、

DVは、怒りの運気であり、楽しい運気とは

波長が合いません。

sponsored link

楽しければ内面も愉快になり、DVが好きな

本当は楽しくないけれども楽しい感じ

本当は、優しくないけれども優しい感じという

腐敗したオーラと噛み合わなくなるのです。

これは、非常に重要です。

本当にフレッシュな金星の運気から生まれる

オーラとDVの運気は噛み合わないものです。

本人が悪くなくても、自分の太陽や月と

金星のアスペクトがきつい場合もありますが、

DVが好きなオーラを出したくなければ

金星美人にならなくてはいけません。

影を作っては駄目です。

DVは、影が大好物です。

お日様サンサンとか、ピカピカの笑顔とか

影のないものが大嫌いです。

それでも、あえて、影に引きずりこもうとする

強力なタイプもいますから、強引さを感じたり

違和感(変な優しさ)を感じたら、避けるべきです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!