前澤勇作さんの球団発言と剛力彩芽さん

前澤勇作さんが球団を持ちたいという趣旨の

発言をされたとか、されないとかで、

思いだすのは、堀江貴文さんの件です。

sponsored link

球団を持つことは、様々な意味で、

今までのようにいかなくなる日本的な環境が

あることを理解されていると思うのですが、

一代で一兆円企業を育ててきた人物ですから

何かしら秘策があるかも知れません。

非常に難しいサビアン度数の太陽を

生かすという意味で、かなり興味深い

前澤勇作さんなのですが、地のサインがありません。

天体に地のサインがなくて、金銭的に困る人は

沢山います。

ところが前澤勇作さんは、お金持ちと言うよりも

「富豪」のレベルです。

生まれ時間が分からないので、詳細は分かりませんが

前澤勇作さんを全体的に見ると強力な水サインの

力を利用して、人間関係を武器にして

次々に新しい挑戦を試みていきます。

それでいて情に流されるタイプではありません。

自分自身の欲望をしっかりと抑えていて

いざという時は、自分の夢を選択します。

水サインの力は、本来、一体感を求めるので

情に流されるのですが、流されないのが

前澤勇作さんの最大の強みです。

この強力な水サインの「情」は、常に入れ物を

求めます。

球団を求めるということは、その「器」なのです。

sponsored link

たとえ生まれ時間が分かったとしても、

詳細なキャラクターが理解出来るだけで、

同じようなエリアに同じ時刻に生まれた人物は

恐らく他にもいたでしょう。

前澤勇作さんの第2ハウスという身体に入った

魂の持つ水サインの力が、どこまで放出され

続けるのか、それ次第ですが、常に器に

水サインのエネルギーを注ぎ続けるところの

限界が気になるところです。

自分の外に「器」を求め続けることは、理論的には

無限成長です。

現在、剛力彩芽さんとの交際が表になっていますが、

無限成長を繰り返すのであれば、婚姻届は

出されない方が良いでしょう。

これまで通り認知だけされる方が、水サインの力を

失わずに済みます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!