第11ハウスタイプの人の主観的な第10ハウス

これは、主観的な第10ハウスの話です。

自分だけの第10ハウスは、当たり前の

第10ハウスとは違います。

決して代わりになるものではありません。

気持ちを社会的な達成に乗せていくための

個人的な感覚です。

sponsored link

本来の第10ハウスは、アセンダントから始まる

資質の余計なものを省いて、きちんと地域社会

の部品として収まり切るように仕上げたものです。

役割を担うということは、そういうことです。

だからこそ、地位や権力が発生します。

第11ハウスタイプの主観的な第10ハウスは、

第8ハウスになります。

第11ハウスは、第10ハウスという地域社会で

扱えない目標を追いかける場所です。

縦社会から外れた場所なので、お互いの

自由意思で集い様々な試みを行います。

そのような第11ハウスを起点とする

第11ハウスタイプの人の主観的な第10ハウスは、

第8ハウスです。

風通しが良いはずの第11ハウスタイプの人の

主観的な第10ハウスが第8ハウスなのは

意外ですが、地域社会の持つ圧力ではなく

それぞれの個人が持つ未来への希望が結束することで

新しい人格が育っていかなければ、実際的な

ムーブメントにはならないということでしょう。

sponsored link

第11ハウスタイプの人の活動は、第10ハウスで

行えないという意味では、地域社会の

支配的ルールから、多かれ少なかれ逸脱した

部分があるので、最終的に、

第11ハウスタイプの人にあった結束力が

求められることになります。

実際的には、集まった目的によって

主観的な第10ハウスにまで到達する必要が

あるのかどうかは、別問題かも知れません。

それでも、ある種の結束力が生まれなければ

大した力を持たない活動になります。

自由意思で集まったはずなのに、仕切りたがる

人間が現れるのも当然なのかも知れません。

ハウスのサイン、天体やアスペクト、

支配星の動きを考慮して自分だけの成功の

イメージを作ると、かなりモチベーションアップに

役立ちます。

頭で考えることと気持ちを一致させ易くなるのです。

主観的な第10ハウスの関連記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!