滝沢秀明さんが、後継者に選ばれた理由

滝沢秀明さんが、後継者に選ばれた理由を

太陽サインを通して考えてみました。

結論から言えば、滝沢秀明さんの流儀を

通すことが可能であれば、意欲が続き

リーダーとして成長していけるタイプです。

sponsored link

ジャニーズ喜多川社長が滝沢秀明さんを

後継者に使命されたという報道がありました。

滝沢秀明さんは、生まれ時間が分かりませんが

堂本光一さんに憧れてジャニーズ事務所を

自分から志望した点や今回後継者に

選ばれたことを考えると、月は牡牛座の

サビアン度数21度以降かなと

考えています。

その理由は、堂本光一さんのジャージ姿に

ショックを受けたような発言を考慮すると

月と金星がスクエアになる時間帯に

生まれていると考えます。

月と金星のスクエアは、物質的な豊かさを

求める気持ちが強くなります。

ゴージャスな雰囲気に憧れやすくなるのです。

そのような視線で堂本光一さんに憧れていた

ようなので、このアスペクトが成立する

時間帯に注目してみました。

そうなると太陽サインは、サビアン度数

牡羊座9度になります。

牡羊座の前半の度数であり、牡羊座らしさを

育てる度数なので、組織のリーダーになるなら

共に成長するような関係になるでしょう。

視野自体は広い牡羊座なので、全体を

見る資質は高いと思います。

sponsored link

同じサビアン度数で西武グループの堤清二さんが

いらっしゃいますが、この方は、実業家で

ありながら、小説家として著作も多数あります。

堤清二さんは、家系的にリーダーのポジションを

引き継ぎ、滝沢秀明さんは、ジャニーさんの

指名と言うことと、舞台、芸能という仕事が

小説のような創造的な部分があるかも知れません。

そのようなサビアン度数牡羊座9度の太陽サインに

火星、木星、天王星が直接的な

アスペクトがあります。

木星は、インコンジャクトでマイナーな

アスペクトなので、取りあえず外して

太陽、火星、天王星のコンビネーションで

考えると、仕事は自分流でやりたいタイプです。

このような人がリーダーになると

自分の流儀を通すリーダーになります。

ここに木星が加わると、リーダーに向きます。

しかも天王星もあるので、成功し易く

個人的にも財産を築き易くなります。

それぞれの天体がどこのハウスにあるのか

不明なので、ざっくりとした見方であることを

お断りしておきます。

興味深いのは、滝沢秀明さんの流儀で

リーダーになって成功するかどうかの

ポイントである木星と太陽のアスペクトは

インコンジャクトであって、努力して

伸ばしていくアスペクトなのです。

ということは、努力次第という未来の部分と

今までの努力をジャニーさんが認めて

くれていたということになります。

牡羊座と蠍座のインコンジャクトなので

滝沢秀明さんがリーダーになるとしたら

情熱的でひたむきなタイプです。

怠けるような子は基本的に嫌いでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!