恋人のように妻を愛する相性

sponsored link

恋人のように妻を愛する相性に付いて

書いていますが、この相性の大切な部分は

根っこにあります。

女性にとって金星は、自分にとって好ましい

愛され方を表しますが、この金星を

どのような位置づけで愛情を

注いでもらえるのかは、パターンがあります。

恋愛や結婚において、愛情が全くない関係

というものは、価値が感じられません。

親からの愛され方と実際の恋愛や結婚での

愛され方は、かなり似通ってきます。

福山雅治さんと吹石一恵さんの場合は、

吹石一恵さんの金星を福山雅治さんの月が

愛するという形は、吹石一恵さんの

月と土星のコンジャンクションが示すような

かぐや姫的な愛され方です。

福山雅治さんから見れば、妻を恋人のように

愛するということになります。

福山雅治さんの月は、月と冥王星の

コンジャンクションなので、母なる世界が

どのような内容にしろ、現実の恋人や

妻となる人に託し切れないという思いが

あってもおかしくはありません。

福山雅治さん個人だけを考えると

母なる世界の辛さは、自分だけで背負うという

孤独と寂しさや、それに伴うヘビーで

ブラックな感情は、一人で背負い続けるしか

なかったと言えます。

現実に気持ちが存在するためには、必ず

根っこがあります。

その気持ちを正当化する根拠みたいなものが

必要なのです。

sponsored link

その根っこを見詰めることは、意地悪なのかも

知れませんが、根っこの世界に真実を

感じる価値観もあるのです。

妻を恋人のように愛するという姿にも

様々な根っこがあります。

そのような愛され方を求める妻側にも

幾つかのタイプがあります。

吹石一恵さんは、父親との関係性が

強く反映されていますが、誰だって

両親の愛情を基本にしているのです。

それは、実際の両親の存在だけでなく

そのような存在を通して語られる

太陽や月との関係性を通して理解出来る

部分もあります。

恋人のように妻を愛する相性の根っこにも

多くの種類がありますから、月と金星だけで

判断せずに根っこをきちんと考えないと

単なる愛人や不倫になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!