ハウスから赤い糸を探すイマジネーションの使い方

sponsored link

ハウスから赤い糸を探すイマジネーションの

使い方に付いて書いています。

知識や方法論は、ヒントに過ぎません。

実際に必要な人に出会ったりするには

イマジネーションの力の働きです。

福山雅治さんと吹石一恵さん夫婦を例にして

様々な赤い糸の幸運の鍵を学ばせて

頂いていますが、その一つ一つのポイントを

テクニカルに利用してしまうと、

赤い糸は、見つかりません。

可能な限り、お二人を通してホロスコープから

見出されるポイントを書いたとして、

それを全部繋げたとしても、同じ赤い糸は、

出来上がりません。

そこに生きた人のイマジネーションを使った

スピリチュアルな力が流れていかなければ

知識だけでは、どこにも辿り着かないのです。

逆に言えば、このような知識を利用する時に

自分自身のメインとなる二つか三つの

ポイントに絞ってイマジネーションを

徹底的に働かせた方が、広い範囲を

探索出来ます。

つまり、実際に出会う確率がぐんと上がります。

福山雅治さんの金星は、第8ハウスに

ありましたが、第6ハウス金星の男性もいます。

第6ハウスなら職場で出会う可能性が

高くなります。

第6ハウスを象徴する具体的なものを

イマジネーションで探すということです。

単純に職場としたら、見つからないかも

知れません。

第6ハウスが意味することの個人差もあります。

何を仕事にするかで、働く環境を意味する

ハウスにも幅があるはずです。

簡単なところでは、家庭を職場にしている

人もいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!