ホロスコープリーディングに必要な要素(10天体)

ホロスコープでは太陽系内の10個の天体を使います。

月、水星、金星、太陽、火星、

木星、土星、天王星、海王星、冥王星

更に小惑星を考慮に入れて考えることもあります。

昔、ヨーロッパではトランスサタニアン

(土星外惑星)が発見されてなかったので

月から土星までの7天体を使ってました。

なぜ7天体を使うのか。

これには宇宙の代表的法則が関わってます。

sponsored link

この10天体以外にも今後惑星の発見はあるでしょう。

けれど占星術体系に組み入れられるかは疑問です。

占星術は物理学的に宇宙を見るのではなく神学的・

哲学的な法則で見ています。

これは人間の精神や思考、こころの法則

(惑星の7、サインの12)を

宇宙に投影しているのです。

7つの法則ならトランスサタニアンはいらないのか?

いいえ、そうではありません。

グルジェフによると、7つのオクターブの法則は

自力では乗り越えることのできない

2ヶ所の不足部分があるそうです。

ふたつのインターバルが必要になります。

ドレミの音階で説明すると3番と4番のミとファの間、

7番と8番のシとドの間は半音しかないのです。

つまりドとレの間よりもミとファの間は

半分しか空いていないのです。

ここに「付加的ショック」を与えて

スムーズにする必要があります。

ドから始まりドにたどり着く、これで8個。

インターバルの2つをあわせ計10個の要素があれば

機能するというわけです。

(詳しくはグルジェフのオクターブの法則を

調べてみてください)

カバラでは生命の樹の10個のセフィラ、

禅では十牛図が使われます。

惑星というゴツゴツした塊にいきなり愛や創造、

知性など意味を与えているのではなく

さまざまな法則に則っているのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!