自分らしい綺麗な肌の作り方

sponsored link

肌が綺麗だと、それだけでも恋愛運が上がります。

肌のコンディションを考える時は、天秤座のある

ハウスで考えます。

直接的に肌を美しく保つ手入れの仕方は

美容の専門家が詳細に語られています。

今回、占星術的に考える肌を綺麗にする

考え方の一つは、肌を組成する栄養のことです。

綺麗な肌に必要な栄養をきちんと

摂取した上での話です。

お手入れもしっかりして、栄養や美容サプリも

摂っているのに、艶やはりに不足が

感じられる場合は、肝臓や腎臓が上手く

働いていない可能性があります。

占星術的に肝臓は、木星です。

肝臓が元気でないと、摂取した栄養が

上手く吸収出来ません。

腎臓は、金星になります。

腎臓が、しっかりと働かないと老廃物を

濾し取ることが出来ずに肌がくすみがちになります。

木星が支配星である射手座のハウスや

木星のあるハウス、木星のアスペクトを観て

肝臓のコンディショニングを観てみて下さい。

普段から肝臓にプレッシャーがかかっている状態なら

手厚くフォローすることで、肝臓の機能を

押し上げることが出来ます。

腎臓の調子が悪いと、明らかに肌に調子が出ます。

金星が支配星である天秤座のハウスや

金星のあるハウス、金星のアスペクトを観て

腎臓のコンディショニングを観てみて下さい。

普段から肝臓にプレッシャーがかかっている状態なら

早目に専門家に相談することもお勧めです。

腎臓は、自覚症状が出たらすでに

厳しいものがあります。

牡牛座も支配星は、金星ですが、身体において

カバーする場所が異なります。

見方、考え方は、こちらの記事と同じですので

載せておきます。

sponsored link

ある腸の弱かった人のお話です。

単なる弱いだけではなく、痛みも伴い

病院にいく回数も多かったそうです。

この方の乙女座のハウスは、第4ハウス

でしたから、家庭環境からくるプレッシャーが

大きかったことが考えられます。

しかも、第4ハウスに冥王星もあるので

原因不明な痛みが継続したわりには、

大病に至らず良かったと思います。

この冥王星と幾つかアスペクトがある天体が

ありましたが、太陽以外は、ソフトアスペクト

というのも幸いしたのでしょう。

太陽とは、スクエアでした。

家庭内のストレスが父親に向かうという言い方が

出来ます。

実際に父親が大病をしたそうです。

もし、この配置で父親が強ければ、本人が

大きな病気をしたでしょう。

その結果として顔がむくめば、治療の副作用

が想定されるので、簡単には治らないでしょう。

以上です。

見方が分かり難い場合は、誰かにホロスコープを

見てもらうこともお勧めです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!