ホロスコープリーディングに必要な要素(ハウス)

ASC(アセンダント)から黄道を十二に区分する

分割法をハウスと呼びます。

ASCは個人が生まれた瞬間に決定され、ここから

始まる12ハウスは特定の場所と時間で発生します。

12サインは春分点から均等に30度ずつ

十二分割しますが、ハウスは均等ではありませんし、

牡羊座が起点とは限りません。

分割法はいろいろ考案されてますが、日本では

プレシダス方式が一般的でしょうか。

イギリスでは全ての室を均等にしたイコールハウスも

普及してるそうです。

サインが地球の集団意識における共通の性格や事象を

表していて、ハウスはあくまで個人の具体的状況を

示しています。

sponsored link

サインは一般的なもの、ハウスはそのチャートを

持つ本人のものと区別してください。

ホロスコープの重要ポイントは東西の地平線を

貫くライン(ASC とDSCを結ぶライン)と

子午線(MCとICを結ぶライン)です。

縦に貫く子午線は集団社会の圧力と関係があります。

MCはその人の社会的位置づけや役割に関係します。

これに対して地平線ラインは横の繋がりですから

地位に関係なく、人の繋がりや個人の可能性を

意味します。

子午線の集団性が地平線の個人を

押し潰す場合があるのです。

子午線の下部にあるICは夜の眠りを意味します。

ひとが眠るとき個人が「死ぬ」ととらえる

こともできます。

個が消えて元のソースとしての集団意識へと

導かれるのです。

ASCは朝が来て個人意識が目覚めることを

象徴しています。

眠りという仮死状態の時にあった集団意識は

意識に上りません。

ASCとICは互いを否定するとも言えるし見方を変

えれば支え合うとも言えます。

人が夜眠るのは集団意識に浸ることで

エネルギーチャージし、朝元気に目覚めることが

できるからです。

そういったわけでICはリラックスできる場所を

読むのに使います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!