kokiさんを通して学ぶ、スクエアを持つ金星山羊座の赤い糸

sponsored link

kokiさんを通してスクエアを持つ金星山羊座の

赤い糸について書いています。

金星を中心に書いているので、全体を考慮した

結果とはちょっと違ってきます。

kokiさんの月は、魚座と牡羊座の可能性があります。

その月は、一日中、金星とスクエアのアスペクトを

作っています。

もし、魚座と山羊座のスクエアならば、

スクエア特有の葛藤を抱えた感じが

穏やかになります。

牡羊座と山羊座のスクエアであれば、

火のサインと土のサインですから、気持ちの葛藤は

激しくなります。

金星は、女性にとって愛され方の好みですから、

金星が山羊座であるということは、

自由気ままな恋愛ではなく、社会的に

認められるような相手ときちんと約束された形で

愛されたいということになります。

ただ好きだからというだけでは安心出来ないのです。

このような愛され方を望む金星と月が

スクエアである場合で魚座であれば、

自分の中にある様々な要素が社会的に

広がっていくことを望みます。

その結果として葛藤を抱えるのです。

牡羊座であれば、自分自身の理想と感じるものが

社会的に広がるかが気になるのです。

何のために?

愛されるためです。

sponsored link

好みの男性を表す火星は射手座なので、国際的な

活躍をしているタイプも理想の一つでしょう。

自分自身がどうあるべきかというのは、

太陽と月が重要ですが、愛し愛される関係は

金星、火星の、好きな人に好みの愛され方で

愛してもらいたいということですから、

まずは、国際的に活躍しながら自分自身の

価値を広げていきたい、広げていければ

やがて、そこで赤い糸ろ巡り会う機会が

あるということです。

射手座を学ぶことと置き替えても構いません。

イマジネーションは幾らでも広げることが出来ます。

愛し愛される対象は、最初は両親かも

知れませんが、やがて、まだ見えない好きなに

気持ちの中で向けられて、現実に出会うと

既知の感覚に襲われて出会いになります。

kokiさんは、やっと金星の年齢域に

入ったばかりですから、沢山の可能性が

広がっています。

生まれ時間によっては、月、金星、土星、天王星の

コンビネーションが出来上がります。

月と土星のスクエアが加わることになるのですが、

そうなるとナイーブな面も持ち合わせますが、

アート感覚やセンスの良さは、土星があっても

なくても変わりません。

赤い糸とは、関係ありませんが、生まれ時間によっては、

他人を押しのけてまで頑張るタイプではなくなるので

今後の活躍は、後ろ盾次第という部分もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!