年間53万人の自殺未遂者

sponsored link

日本財団自殺意識調査というものがありますが、

過去1年間で約53万人の人が自殺未遂を

行ったという報告がなされています。

年間自殺者数の3万人弱という数字も、統計の

マジックで約10万人とも言われますから

自殺未遂者の数がこれくらいあっても

おかしくはないのかも知れませんが、

日本は、先進国の他国と比較しても

かなり多いとも言われます。

嫉妬や憎悪関連の記事も幾つか書いていますが、

はっきりと言えば、そのような感情は

簡単には消えません。

それなのに、日々それらの感情は、

どこからでも生まれてきます。

簡単に消えないものなので、弱い者へ、弱い者へと

バケツリレーのように、負の感情は、

押し付けられていきます。

強い者に押し返すことは出来ないので、

弱い者へ押し付けるのです。

先日も、公共の植物を引き千切る他人の子供を

注意しましたが、そこの家は母親が毎日の

ように金切り声をあげています。

小さな子供でもフラストレーションがたまると

より弱い声を発せないものを虐待します。

sponsored link

本気になれば子供でも自分より弱い存在を

探し出すことは可能でしょう。

注意した子供は、取りあえずその行動を

止めましたが、恐らく大人になっても

自分より弱い者を苛めるでしょう。

自殺未遂をする人たちは、基本的に優しい

タイプの人です。

自分より弱い存在に憎悪を手渡すことを

ためらったり、あるいは思い浮かぶ

こともないのです。

だからこそ、救われるべきだと思います。

嫉妬や憎悪を向けるターゲットにされた状態から

逃れる方法は、誰でも見るようなブログには

書けませんが、生き残る道はなくはないのです。

自分の居場所を見つけること、逃げること

戦うこと、相手を幻惑すること、仲間を作ること

一つ一つの能力はささやかでも、総体は

掛け算ですから、自分独自のやり方を、

幾らでも掛け算していけば何とかなります。

取りあえず自分を傷付けることはやめましょう。

愛はあるという思いに辿り着ければ全てが

生きる意味が生まれるので、赤い糸を押して

いこうと思い始めていましたが、それ以前の

問題が多過ぎるようです。

嫉妬や憎悪を濾過するものが必要

なのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!