満月に退職届を出した貴乃花親方

貴乃花親方が、日本相撲協会に退職届を

出したということで、会見を開いています。

満月は、のんびりと振り返りたいタイミングですが、

ここでアクセルを踏み込んだということは、

コースアウト(退職届)は、本気ということ

なのでしょう。

sponsored link

新月のタイミングであれば、駆け引きの退職届とも

なり得たかも知れませんが、このタイミングでは

貴乃花親方は、完全に宙に浮いてしまいます。

このような状態であっても周囲に何らかの善意が

あれば、着地することもあり得ますが、

告発状は嘘であったとしろという圧力を

受けているという状況では、期待し難いどころか

相撲協会の思う壺でしょう。

貴乃花親方の本名である花田光司という名前は

総画26画で、改革を志す数意です。

この数字は、改革される側から見れば

反乱する者として映ります。

しかも、太陽サインは、獅子座ですから

主観を変えることは自我の死です。

貴乃花親方に正義はあると思いますが、

相撲協会は、完全に反乱者の烙印を押すために

告発状はでたらめであると言わせたいのでしょう。

貴乃花親方にすれば、相撲協会の中で

訴えても取り合ってもらえないと

分かっているからこそ、被害届を出し、

それでも相撲界に残るために取り下げても

真実でなかったことにしろということです。

相撲協会の恐ろしさは、知る人ぞ知るところです。

怪死を遂げる可能性を考えると、これ以上

戦うよりも身を引くことは、見えない大きな

利益かも知れません。

この体制が続くと、相撲を見なくなる人は

更に増えるように思えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!