岩田剛典さんの魅力

岩田剛典さんのバースチャートに出来る太陽、土星、

冥王星の小三角のアスペクトが岩田剛典さんの

特徴を表す一つかもしれません。

一言で表現すると頑張り屋さんです。

sponsored link

太陽魚座から土星の山羊座に意識が流れていく

岩田剛典さんは、形になっていない自分の気持ちを

そのままに出来ないのです。

何かしら現実的な形にしようと頑張ります。

そしてそれは、芸術のように全くの独創的なものを

求めているのではなく、創作的ではあるけれども

山羊座的な集団的社会性の中にその場を

求めるのです。

岩田剛典さんは、自分の中にある創作的意欲を

無視出来ないですし、しかもそれを華々しく

表したいのです。

興味深いことは、その様な深い欲求を自分の中から

掘り出すのではなく、外に求め続けることです。

岩田剛典さんは、火の要素がないのに、創作的意欲に

取り組む以上、どうしても自分にないものを常に

人や夢、集団、活動内容に求めることになるのです。

自分の中に何かがあるから、吐き出すように

表現するわけではないのが特徴です。

岩田剛典さんの冥王星は岩田剛典自身が

その時何が必要なのかを知っていて、

岩田剛典さんの地上的な意識(つまり普通の意識)に

チャージしてくるのです。

どんなに大変でも岩田剛典さんは、それは

自分にとって必要なことなんだと感じて、

懸命に取り組んでいくしかありません。

ある意味、心、精神の中に貪欲な魔物が

住みついていて自分に必要な要素を

消化吸収したら、それを捨てて次の獲物

(目標や学ぶべき人、物、事)に行く感じです。

sponsored link

先の先の話になりますが、そのような魂の

フードファイターみたいな一連の流れが

40代で一度止まるというか、流れが

変わったりして、それまで通りいかなくなる時期も

来ますが、基本的には自分にないものを求めて、

手に入れて吸収したら手放してのサイクルなのです。

細やかな愛情で愛し愛される雰囲気を

感じさせる所作を身に付けているのですが、

上記の様な意味で、常にハングリーな状態に

心が置かれていているので、満たされることがない

辛さが滲み出るのかも知れません。

それがまた優しさと合わさって魅力に

なっていくのだと思います。

優しさと満たされることのない精神的に

飢えた部分を抱えて懸命に取り組む激しさの

バランスが絶妙なのでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!