ホロスコープのざっくりした傾向を読み取るのに必要なもの

ホロスコープのざっくりした傾向を読み取るのに

便利な二区分、三区分、四元素についてです。

sponsored link

二区分

二区分は一番初歩的なもので、牡羊座から始まり

奇数番目と偶数番目に分ける方法です。

奇数サインは男性サインと呼ばれ

積極的イメージです。

四元素の風と火がこれに当たります。

とどまることを嫌い変化を求めます。

偶数サインは女性サインと呼ばれ大人しい印象。

意思表示があまり外に向かわないからです。

四元素の水と地がこれに当たります。

動かず落ち着いた状態を望みます。

三区分は活動、固定、柔軟に分類されます。

活動サイン(カーディナル)

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座スタートは

得意だけれど維持は苦手です。

活動サインが多い人はそんな傾向があります。

しかしこのサインの力がないと動き出せません。

固定サイン(フィクスト)

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座です。

不動サインとも呼ばれます。

エネルギー貯蔵庫のようなもので持久力

あるいは動きに抗う性質です。

長く維持する力があります。

ひとつのことを継続していくには欠かせません。

固定サインが無く一攫千金狙いの行動を

とる人もいます。

柔軟サイン(ミュータブル)

双子座、乙女座、射手座、魚座です。

穏和で変化に柔軟に対応、調整力がありますが、

柔軟サインが過剰だと決められないし

変化し続けることになります。

受けに回りなかなか自分から始められません。

sponsored link

四区分

四区分は日、風、水、地の四元素です。

火は牡羊座、獅子座、射手座です。

常に新しいものに燃えてないと元気が出ません。

喧嘩でさえ活力の源、向上心、精神的高みを

目指すエレメントです。

火が燃えるように上へ上へと向かいます。

風は双子座、天秤座、水瓶座です。

知識や思想の象徴で、主観を離れて物事を

知的に理解できます。

風はひとつのところに留まらず、混ぜたり

乾かしたりします。

風が過剰だと気持ちを理解せず冷たい人に

見えてしまうこともあります。

火の元素と相性がいいです。

水は蟹座、蠍座、魚座です。

情感をもとに価値を決め対人関係を大切にします。

自分や相手の感情に気をとられ大局が見えてません。

水は器がないと困るので誰かと

(出来れば地が象徴する容器と)一緒にいたがります。

水が誰かにくっつく事で満足感や

愛情の充足を得ます。

火や風は水をかき回すため不安にさせるのです。

しかし火や風がいないと水は淀んでしまいます。

地は牡牛座、乙女座、山羊座です。

感覚的な能力が発達しており実生活を

安定させるには欠かせません。

地の元素は、火や風や水をひとつの入れ物に

総合的にまとめたようなものです。

地がこうして閉じ込めるのを水は喜びますが、

火や風は逃げようとします。

さて、地がお金の象徴だとよく言われますが、

水は人と人の約束事を表しそこで初めてお金に

価値が生まれます。

地の元素だけではお金はただの紙切れや

金属に過ぎないのです。

なので地と水はセットで考えるといいです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!