乙女座の潜在的な力

sponsored link

乙女座の潜在的な力は、乙女座個人の救済的な

側面が強いかも知れません。

乙女座は第6ハウスに対応するサインです。

その役割は調整機能であり、ある意味

個人にとっては非常に抑圧的に働きますが

それが目的を持ち正しく働いた時には

訓練、トレーニング、自己調整等々表現は

様々ですが、何らかの型にはまっています。

第6ハウスに天体が集まり過ぎると

自分を型にはめるストレスが高じて

病気になり易い傾向もありますが、

乙女座的の自分の型を持つことの安心感は

他のサインには分からないと思います。

自分の型、自分が責任を取らなければ

ならない範囲等々、自分に関するエリアが

明確になるほど意識がシャープになる感覚を

持てるのが乙女座です。

乙女座の問題点は、限られた自分に関する領域を

純化するほどに、生命力を損なっていくことです。

獅子座が持っているような生きている実感が

減少し続けるのです。

そういった意味では美しいのに、恋愛が苦手

だったり、潔癖が過ぎると恋愛自体が出来ない

タイプということになります。

自分の領域を壊されることを何よりも嫌がる

乙女座にとって深い人間関係は危険なものです。

防衛的な生き方の乙女座にとって実人生は、

ストレスが多過ぎるのです。

sponsored link

乙女座の場合は、潜在的な力が最終的に乙女座を

救済するというのは、何もかもきちんと終える

ことによって生まれる静かな平和を迎えることが

出来るという意味です。

果てしない努力から解放される安らぎの時間を

自分で作り出せるのです。

乙女座にとってこれ以上の救済はありません。

乙女座であっても、ホロスコープ全体の

バランスでかなりパワフルなタイプの人は、

乙女座の潜在的な力を実務能力だと感じるでしょう。

しかし、それは乙女座にとっては顕在的な力であって、

生きるために与えられた表向きの能力です。

乙女座が自分の領域にこだわる個人主義を

貫いている限り、なかなか難しいかも知れませんが、

個を極めると必ず全体に繋がる通路に出会います。

乙女座の実務能力を持って他者の何がしかの最後を

整理してあげる時に自分の潜在的な力を

感じられると思います。

他のサインはこちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!