企業の継続雇用の70歳引き上げと土星期の意味の変化

安倍首相が起業の継続雇用年齢を現状の

65歳から70歳に引き上げる方針を

表明しました。

土星期が、56歳から70歳なので、

土星期を全て含むような格好になります。

sponsored link

労働人口の問題や年金問題等様々な側面が

ありますが、占星術的に考えると、太陽サインで

求めた理想の締めるポイントをそのまま

今まで頑張っていた場所で働き続けるのか

自分自身のホロスコープの変化に従って

移動していくのか大きな課題になりますが、

現実的には、土星期に入っていきなり新しい

仕事が出来るわけではありません。

そうなると人生の結末を自分らしく生きる

ことすら出来ない可能性が考えられます。

嫌々ながら働いていると健康な人でも

60歳前後で身体は壊れ始めます。

かと言って年金制度は不安定になる一方で

老後の生活をギリギリまで企業と個人に

任せるしかないのでしょう。

これからの時代は、最初から本当に好きなことを

選択しなければ土星期をまとめることは

出来そうにないのが現実になりそうです。

選択ミスしたと判断したら、出来るだ早く

自分らしい生き方にシフトしないと

土星期は引退して好きなことをするという時代は

終わり告げる前兆でしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!