蠍座の魅力の理由とアセクシュアル

sponsored link

蠍座は、不思議なサインです。

深い仲シリーズを幾つか書いたりしましたが、

深い仲になりたいという願望を支えているのは

誰かと一体化したいという願望です。

「アセクシュアル」という性的な関係を望まない

タイプの人たちがいますが、蠍座と対比して

考えると、誰かと深い繋がりを持ちたくない

という見方も出来ます。

プラトニックな関係が良いのかなと考えても、

そもそもプラトニックは、少年に対する愛を

指したものであって深い仲を否定した

ものではありません。

前置きが長くなりましたが、蠍座は誰かと一体に

なりたい衝動と同時に、蠍座が第8ハウスに

対応するように死の衝動(冥王星が支配星)を

抱えています。

誰かと深く繋がろうとする蠍座だからこそ

切り離す時には観念的、物理的に「死」という

切断の仕方が必要になります。

このように蠍座の中にある愛と死のギャップは

蠍座の強烈なエネルギーを生み出す両端に

なっています。

強烈なエネルギーを隠しているからこそ

溢れてくる何かが蠍座の魅力になります。

sponsored link

滝の水が高いところから低いところへ落ちるから

滝としての魅力があったり、

私たちの生活を支えている電気もプラスと

マイナスという両極があるから

エネルギーが発生します。

蠍座は、愛と死です。

しかも、身体的な接触が伴う愛です。

蠍座でアセクシュアルだと言われる人が

いらっしゃれば会ってお話を聞いてみたいと

思いますが、かなり難しいことでしょう。

蠍座でアセクシュアルであれば、落差の低い

エネルギーの蠍座になりますから、暴力的に

なると思います。

無為な気持ちと悪い暴力がセットになる

厄介な状態が想定されます。

どんなサインでも物事の健全性を引き出せる

タイプの人は自分自身の中にしっかりとした

落差を持っています。

そのサインの持つ善と悪を意識するためにも

コントロール可能なエネルギーを発生させるためにも

落差は必要になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!