自分だけの開運グッズの作り方

sponsored link

占いで得た結果というものは、その時に

どれだけ手応えを感じても、普通の思い出と

違って時間が経つと感動は消えて、それまでの

自分に戻っていきます。

占いの良い結果は願いが叶うまで気持ちを

保っておかないと効果はありません。

占いは、科学ではないからこそ有利な

側面があります。

それは、自分の象徴になるものを好きに

選べることです。

占いを通して感覚的に得られたものを、

何かしらお気に入りのグッズに込めれば

開運グッズになります。

物と記憶をセットにして扱うということです。

開運グッズですから、良い記憶を込めることは

当然ですが、一番のポイントは、良い記憶は

良い時間を作り出せるということです。

これは、辛い時ほど有り難いもので、

幸運期よりも、調子が出ないような時期の方が

際立って良い時間が取り出せます。

そして、本当に願いが叶うと、本物の

開運グッズになります。

大切なことは、良い気付きを得た時の

「しるし」を残しておくことです。

単なる紙に書くよりも、立体的なものの方が

「しるし」として無視し難いものがあります。

コツは出来るだけ可愛いものを選ぶことです。

願いを扱い易くなります。

それは、そのまま実現に近いということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!