占星術的肌年齢を下げる実験、月と気持ち

sponsored link

占星術的肌年齢を下げる実験の続きです。

肌は、一番外側から

角質層(角質層)

1番外側なのに、0、02ミリしかありません。

外側に水分が漏れないようにします。

顆粒層(かりゅうそう)

外から2番目、紫外線をカットしたりします。

有棘層(ゆうきょくそう)

外から3番目。強さと柔らかさを保つ役割です。

リンパ液が流れています。

基底層(きていそう)

表皮の一番最後です。

栄養を取り入れて新しく生まれる皮膚です。

これが働かないと新しい皮膚が出来ません。

保湿や紫外線カット等の肌ケアが必要と

される部分です。

ホルモンバランスが崩れても新しい皮膚に

悪影響が出ます。

これらが約28日間で入れ変わります。

これは、月のサイクルと同じです。

逆に言えば、約28日で立ち直れなければ

不健康な状態に陥っているということです。

確かに天秤座は肌をアプローチするポイントとして

大切ですが、食ベ物から入っていくには時間が

かかります。

しかも食べたもの全てが肌に役立つわけでは

ありませんし、ましてやコラーゲンに

なるとも限りません。

そこで、食事の改善ともう一つ抑えたいのが

精神状態と肌のコンディションの密接な関係です。

sponsored link

月は、ホルモンを放出することとも

関係しています。

どの年代の女性であっても、食事の内容や

ケアが日常的に悪い人は、肌質はボロボロです。

そう言った意味では食事は、肌に限らず

体作りの資材と言えます。

月は気持ちと体を繋ぐ部分です。

気持ちが整った状態から生まれる良質な

ホルモンが合わさることで肌年齢が

下がると考えると妥当かも知れません。

食べ物だけでは、何とかならないというか

肌の生まれ変わるサイクルと気持ちの状態を

繋ぐのは月です。

月のサインから肌コンディションを考えるのも

重要でしょう。

女性は男性よりもはるかに月の影響を受けます。

自分の月サインを整えることで、美しくなること

愛されることの良い循環が生まれます。

あくまでも身体的アプローチを考えるならば

筋力トレーニング等も取り入れれば

毛細血管等が増えて血色が良くなるでしょう。

しかし、あくまでもバランスが重要ですから

過度な運動は必要ないと思います。

月サインが示す好みを大切にして、基本的な

コンディションは自分で作ることが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!