自然体な恋愛と水星のアスペクト

sponsored link

恋愛の上手い人のお話ですが、かといって

恋多きという意味ではなく、恋愛経験を

無駄にしないタイプの人です。

好きな人に一方的に合わせるわけでもなく、

相手に合わせるのを拒否して、あまり

好きでもないのに、自分に合わせてくれる

相手を選ぶのでもない自然体な恋愛が出来る人は、

自分自身の好みや気持ちをぶれずに主張しますが、

そのような時でも、交際相手やパートナーの

好むことを、その主張の周囲に置くことを

忘れません。

生まれ時間が分からなくて、二人がどのような相性で

結婚したのかなと思うような場合があります。

きっとアセンダントと天体と言ったような

アスペクトがあるのかも知れませんが

生まれ時間が不明の場合はそれが確認出来ません。

そんな時に目に付くのが水星の相性です。

月と水星のアスペクトは、生まれ時間が必要ですが

良いアスペクトであれば、気心が通じ易いですし、

水星と金星であれば、会話が弾みます。

水星と太陽であれば、水星側が気を配ってくれます。

他にもありますが、愛上面であまりピックアップ

されない水星ですが、けっこう重要だったりします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!