不運が気になる場合(トランジットの悪影響等)

sponsored link

何かしら弱点を抱えているとします。

それが、あなたの足をいつも引っ張ります。

なぜ、一度頑張ったくらいでは駄目なのかと言うと

あなたの足を引っ張る存在は、あのたの弱点が

漏れ出て来る様子を物陰から5回見ています。

あなたが失敗しないか、5回見ているのです。

しかも、この5回は5連続の意味でもあります。

あなたが、油断すると思って、1度隙を見せます。

ところが、後4回分の何かが、まだあなたの失敗を

待っています。

しかも、これはかなりの時間差があります。

1度隙を見せて、あなたの失敗を誘った後に

また、20分くらいして2回目の失敗の誘いを

かけてきます。

これを長ければ3時間、半日かけて繰り返すのです。

月が2時間に約1度進むことも関係ありますが、

もっと長いスパンで5回失敗を誘ってくることも

当然あります。

ですから、本当に正しく自分自身を整えていなければ

ほぼ100パーセント失敗します。

トランジットの悪影響を強く不安に感じる人は、

やるべき何かがまだ未達成というだけです。

少しずつ理想に近づいていければ良いのですから

何も心配は要りません。

愛情関係ですから、深く根本的な欠点を指摘し合う

関係なのです。

信頼関係がない欠点の指摘は、極めて浅いものに

なりますし、最も意味のないものが悪口です。

トランジットの悪影響が気になり過ぎる人は、

何かしら根本的な不安の原因が、深いところで

揺れているのです。

一つ一つのトランジットの悪影響は、上記のような

感じであなたの失敗を誘うだけです。

もちろん、かなり手の込んだやり方ではありますが、

自分自身が正しく整えられていれば何の

問題もありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!